そもそも薬事法ってなに?

yakujihou

薬事法とは文字通り薬に関する法律ですが、その対象はそれだけではありません。
現在ではさまざまな商品が規制されています。
例えば薬箱をひっくり返さずとも、ドレッサーの前や風呂場を少し見渡してみれば、たくさんの例がすぐに見つかります。
なぜなら一見薬とは無関係そうな、シャンプーやスキンケア商品、歯磨き粉やマッサージ器なども薬事法の管理下にあるのです。
このように医薬品だけでなく、医薬部外品や化粧品、また医療用具も薬事法のもと、その原料や製造方法に始まり、ラベルの表示内容や広告表現までを厳しく監督・規制されています。
薬事法はこれら四種の有効性と安全性を確保するために昭和23年に公布されて以来、幾度と改正されてきました。
また医療現場で重要な役割を果たす、医薬品と医療器具の研究開発を促すために必要な措置を取り、保健衛生の向上を図ることもその目的に含みます。
それでは対象である医薬品と医薬部外品、化粧品に医療器具の違いを説明しましょう。
有効成分を含む医薬品には病気や怪我の治療や予防における働きが認められ、薬として病院で医師に処方されるものと、薬局・薬店で市販薬として売られているものがあります。
有効成分の効果を安全かつできる限り最適に得るために、医薬品の服用の際には、用法・用量など使用上の注意に従うことが必要です。
医薬部外品にも有効成分が含まれていますが、万人にその効果があるとは認められていません。
ですので、その主な目的は予防で、その効果はあくまで期待できるレベルとされ、ラベルにも効果・効能は明示されていないことが多いのです。
薬用歯磨き剤、制汗スプレーや育毛剤などが医薬部外品に該当します。
化粧品は文字通り、化粧の際に直接肌に使用するファンデーションや口紅はもちろん、スキンケア商品である乳液や日焼け止めなどのことです。
これらの作用は概ね緩和ですが、人体を清潔に保ち、美しく整え、皮膚や毛髪の状態を改善するように働きかけます。
化粧品のラベルには製造会社の責任のもと、使用した全ての成分を記載することが義務付けられています。
医療用具は疾病の診断・治療・予防のためか、生物の身体の構造や機能に影響を及ぼすために使用されます。
これにはメガネや体温計、松葉杖にマッサージ器やガーゼなど多種多様な製品が該当します。
ただし、このように眼を光らせる対象が幅広い薬事法ですが、健康食品やダイエット食品はその規制範囲には入りません。